SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
みんなのブログポータル JUGEM

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
2005年3月発足!!
ありとあらゆる芸術活動を結びつけ、
こだわりと常識の打破を目指す!!!

空間アート協会ひかりメンバーブログ

藤枝公演のレポート

藤枝公演のレポートを、青陰悦子さんがご紹介くださいました。

ぜひご覧ください。

 

ごきげんぱらぽん3

https://parapon3.blog.ss-blog.jp/2019-09-22-4?fbclid=IwAR2O-nLCul6F_uMpI81rB8TyVI7Im8PcFjnxle2kwdKmjN1sPXeM5qSMtaE

| レビュー | 12:27 | - | - |
「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」レビュー

反転・等価・突破──楽屋に生きつづける女優

 

アートひかり演劇公演『楽屋』(原作=清水邦夫/演出=仲田恭子)を難波サザンシアターで観劇して、演劇ならではの楽しみを味わったのだけれど、その楽しみの体感(の根拠)は、作品としての出来はもとより、俳優が魅力的に見えた、ということに尽きる。俳優が―――『楽屋』にあわせていうならば、女優がすぐれて魅力的に見える時、その舞台は魅力的である他なく、それはつまるところ、優れた舞台芸術ということになるだろう。少なくとも、『楽屋』は、戯曲自体にすでにそういう仕掛けがあり、今回の上演はそれをよく引き出していた。

 

『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』は、文字通り、楽屋に棲まう女優4人が、舞台上で女優として演じることをめぐる、業とも呼ぶべき欲望を、露悪的なまでに、しかし詩的に吐露した一幕物で、戯曲=上演自体が女優論・演劇論となっている。別言すれば、「演劇とは何か?」という問いが、戯曲=上演において実践されていくというのが『楽屋』の特徴でもある。さらに、そうした戯曲の特徴は、本作の演出家である仲田恭子の持ち味でもある。――さまざまな原作から、モチーフ/ストーリーを視聴覚化するだけでなく、それらを「演劇とは何か?」という問いに変奏しつつ上演していくのが仲田演出のきわだった特徴(の1つ)である。ならば、仲田が『楽屋』を演出したら、つまり演出プラン自体が原作に織りこまれているような作品を演出したならば、その時、舞台上では何が起こるというのか。

 

生涯、名作の主要登場人物を演じることのなかった女優が、その生を終えて後も楽屋に通っては、出番を待つかのように化粧にいそしむ。従って、彼女たちが居ついている楽屋こそが、『楽屋』においては楽屋ではなく舞台である。また、同様にして、楽屋という舞台において名作の名ゼリフを、断片的ながらも、朗々と演じる彼女たちこそは、プロンプターではなく女優である。そう思わせるに十分なほど、今回の上演において日陰の女優たちの、緩急おりまぜた巧みな語りは、存在感があった。それらは、楽屋で、プロンプターが、死者として演じる芝居にしては、心地よいほどに生々しかった。そうであれば、『楽屋』という戯曲/この上演においては、劇作の設定上は楽屋であるにせよ、ここが本舞台であり、ここで演じる女優こそが正しく女優だということになる。そして、それ以外の属性は、問われなくなる。役つき俳優/役のつかない俳優(プロンプター)、舞台/楽屋、生/死等々、大きな懸隔のある2つの世界は、戯曲の設定/演出・上演によって、反転し、等価になっていく。いや、もっと乱暴に、それらを等価にしてしまえばいいのだ、というのが仲田演出の『楽屋』であり、そこで演じる女優たちの言動であったように思う。してみれば、この上演における演出とは、楽屋という境界線がもたらす残酷な悲哀をなぞることではなく、その境界線自体を突破することにあったのだ、といえば、文字通り楽屋の芝居に騙されたということになろうか。

 

(松本和也/日本現代演劇史)

 

松本和也さんによる過去のレビューはこちらで読めます

 

◆上田街中演劇祭2018「熱海殺人事件〜長野県バージョン」レビュー

http://art-hikari.jugem.jp/?eid=219

 

◆上田街中演劇祭2017「王様盛衰記」レビュー

http://art-hikari.jugem.jp/?eid=220

 

 

| レビュー | 12:14 | - | - |
大阪「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」公演します

下記公演は無事終了致しました。

ご来場、応援、まことにありがとうございました。

次回は12月。お待ちしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年3回目となる大阪公演です。

1977年に初演されて以来、日本で最も多く上演されてきたこの名作を、18団体が入れ替わり立ち替わり上演するという「楽屋」フェスティバルがかつて東京でありました(2016年4/27〜5/10 梅ヶ丘BOXにて/燐光群アトリエの会による)。それに参加し好評を博したアートひかり版「楽屋」を今回、メンバーを一人変更しての再演です。時に滑稽で、時に緊密な劇世界をお楽しみください。
オープニングアクトに、難波サザンシアター代表 当麻英始氏による別役実の不条理劇「死体のある風景」を特別同時上演いたします。こちらもあわせてお楽しみください。


「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」

作:清水邦夫
演出:仲田恭子
出演:
平井光子(重力/Note)
加藤久美子
クランシー京子(演劇実験室カフェシアター)
わかばやしめぐみ(おぼんろ)

★★★特別同時上演★★★

「死体のある風景」

作:別役実
演出:当麻英始
出演:杉山雅紀、大路絢か



照明:北尾利晴
音響:ねこのろば男爵(劇団 舞台処女)

宣伝美術:大沢夏海
協力:田中千恵子 伊丹伝


公演日時:
2019年9月28日(土)29日(日)

9/28 14:00/19:00
9/29 13:00/17:00

料金:
前売り 一般2,000円/学生1,500円(小学生以下無料)
当日  一般2,500円

会場:難波サザンシアター
大阪府大阪市浪速区稲荷1-5-41 湊町ビルB1F

あらすじ:
「死体のある風景」
一人の男と一人の女。男の商売は、自殺志願者世話人。女は自殺志願者なのか?

「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」
チェーホフの『かもめ』が上演されている劇場の楽屋では2人の女優AとBが化粧をしながら出番を待っている。舞台で劇が進行する中、 時折楽屋に戻って来る主演女優C。そこへ過去にプロンプターを務めていた女優Dが枕を抱いてやってきて、女優Cに「主役を返せ!」と迫るのだが・・・



予約/お問合せ
080-3250-9369
project291@gmail.com

チケット予約
カルテットオンラインURL
https://www.quartet-online.net/ticket/2019gakuya

アートひかり公演
難波サザンシアター提携公演
むりやり堺筋線演劇祭参加公演
大阪市助成公演

 

| 舞台 | 08:28 | - | - |
藤枝市/浜松市で公演します

下記、藤枝公演、また、浜松公演は、無事に終了いたしました。

たくさんのご来場、応援、まことにありがとうございました!

おかげさまで素晴らしいツアーになりました。一同、心より御礼申しあげます。

またお目にかかれるときを祈って。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡県は藤枝で公演します。2015年の家康のお芝居から気づけば4年ぶり。楽しみです。

上演するのは、1977年に初演されて以来、日本で最も多く上演されてきたと言われる清水邦夫さんの「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」と、杉山雅紀の一人芝居「演技地獄」の二本立て公演です。どうぞお楽しみに!

「楽屋」はこのあと、浜松公演、大阪公演と続きます。2016年5月に上演して以来、メンバーを一人変更しての再演です。

俳優という不可思議な魂たちの、時に滑稽で、時に緊密な劇世界を、どちらも存分にお楽しみください。

 

アートひかり二本連続上演

 

「演技地獄」

作・演出:仲田恭子

出演:杉山雅紀

 

「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」

作:清水邦夫

演出:仲田恭子

出演:

平井光子(重力/Note)

加藤久美子

クランシー京子(演劇実験室カフェシアター)

わかばやしめぐみ(おぼんろ)

 

公演日時:

2019年9月21(土)19:00開演(開場は30分前)

 

料金:

前売り 一般2,000円/学生 1,000円 中学生以下無料

当日  一般2,500円

 

会場:大慶寺

〒426-0025 静岡県藤枝市藤枝4-2-7

 

 

あらすじ:「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」

チェーホフの『かもめ』が上演されている劇場の楽屋では2人の女優AとBが化粧をしながら出番を待っている。舞台で劇が進行する中、 時折楽屋に戻って来る主演女優C。そこへ以前女優Cのプロンプター(演技中の俳優にかげでせりふを教える役)を務めていた女優Dが枕を抱いてやってきて、女優Cに「主役を返せ!」と迫るのだが・・・

 

ご予約・お問合せ

・電話 080-3250-9369 (アートひかり/なかだ)

・メール project291@gmail.com

・カルテットオンライン(チケット予約)

https://www.quartet-online.net/ticket/fujieda20190921

 

 

 

 

| 告知 | 00:22 | - | - |
ギター弾き語り朗読公演「宮澤賢治作品集」

下記公演は無事に終了いたしました。
白井ゆみ枝さんが先生の図画工作、星まつりの飾りをワークショップでみなさんに作ってもらい、舞台に飾ってのギター弾き語り朗読。空間に映え、とても素敵でした。
メルヘン吉田さんのおうたの教室もとっても楽しく、ケンジテストも楽しく、素晴らしいアーティストで表現も人格も素晴らしい方々に囲まれ、主役の銀河哲郎氏も走り抜きました。まことにありがとうございました。
またどこかでお目にかかれますことを祈って。

ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
 

 

 

 

2年前から手がけている小川哲郎さんによる、ギター弾き語り朗読の公演を行います。

会場は長野県は東御市文化会館 舞台上特設ステージです。

二日にわけておこないます!どちらもお楽しみください。

 

ギター弾き語り朗読

「宮澤賢治作品集」〜聴いて楽しむ、賢治の名作〜

 

2019年

8月7日(水)18:00開演(17:30開場)

「よだかの星/やまなし/シグナルとシグナレス」

 

8月15日(木) 16:00開演(15:30開場)

「銀河鉄道の夜」

 

原作:宮澤賢治

演出:仲田恭子

出演:小川哲郎

 

日本中で親しまれている作家・宮澤賢治の少年文学を、“現代版びわほうし”をコンセプトにギターで弾き語る作品集。2017年秋の上田市武石村での初演以降、県内外の劇場や美術館など様々な場所で上演し続けてきた3作品+新作を、二日間に分けて上演します。朗読と歌との間を行き来する小川哲郎の弾き語りをどうぞじっくりとお楽しみください。ケンジにちなんだイベントコーナーも同時開催します!

 

<料金>

一般:2,000円

通し券(2公演):3,500円

ペア:3,500円

学生(専門、大学):1,000円

中高生:500円

小学生以下無料

 

<会場>

東御市文化会館サンテラスホール  舞台上特設ステージ

〒389-0515 長野県東御市常田 505-1

 

<同時開催!!!>

「ケンジ脳学校夏期講習」

8月7日(水)16:00〜17:50

8月15日(木)14:00〜15:50

東御市文化会館 ホワイエにて

 

☆星まつりの図画工作

上田市出身・在住の画家/アーティスト白井ゆみ枝さんによる図工ワークショップ。「銀河鉄道の夜」にでてくる“星まつり”をテーマに飾り付けを作ります。

 

☆ケンジのおうた講座

ケンジが作詞作曲した歌を歌えるコーナー。上田市在住の音楽家メルヘン吉田さんに教わります。

 

☆ケンジテスト

ケンジにまつわる小テストを学校の先生が作成。何問正解できるかな!

 

☆花巻写真展

2018年1月に小川哲郎が花巻を訪れた際の写真を、展示します。

 

そのほか、詳しくは東御市文化会館HPで!

https://sun-terrace.jp/event/%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%BC%BE%E3%81%8D%E8%AA%9E%E3%82%8A%E6%9C%97%E8%AA%AD%E3%80%80%E5%AE%AE%E6%BE%A4%E8%B3%A2%E6%B2%BB%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86/

 

主催 東御市文化会館

企画・制作 東御市文化会館/アートひかり

後援 上田市教育委員会/小諸市教育委員会

 

| 告知 | 23:44 | - | - |