SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
みんなのブログポータル JUGEM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
2005年3月発足!!
ありとあらゆる芸術活動を結びつけ、
こだわりと常識の打破を目指す!!!

空間アート協会ひかりメンバーブログ

<< 野蛮人アーティスト | main | 大阪公演無事終了!その2 >>
大阪公演無事終了!
大阪公演無事に行ってまいりました。静岡から観にきてくれた矢崎屋さんの劇評が秀逸なのでひかりのブログに載せさせてもらいました。
本家のブログはリンクにもありますが、こちらからもどうぞ。矢崎屋さんのブログのアドレスを紹介させていただいて、矢崎屋さんの紹介とさせていただきます。
http://blog.goo.ne.jp/yazaki_ya/



「演劇串カツの陣!(1)大阪会場篇」


演出家:仲田恭子さん率いる「空間アート協会ひかり」が、
何と!初の大阪公演を敢行!
しかも!上演作品は、先日の藤枝での初演も記憶に新しい、
藤枝静男:原作「田紳有楽 口説」(でんしんゆうらく・くどき)と、
小川国夫:原作「逸民」(いつみん)!
さらに!今回は「演劇串カツの陣」と題して、
ご当地の劇団・舞台処女(まちかどおとめ)さんとの合同公演!
その上!会場はあの「フェスティバル・ゲート」内にある小劇場!
すぐ裏には、大阪のシンボル・通天閣や串カツ屋が並ぶという、
「これぞ大阪!」という、コテコテのロケーション!
・・・こりゃあ、見届けねばなりますまい!

大阪・新世界は、学生時代に観光で来たことがあります。
「色んなパワフルなものがワサワサ集まってる、エネルギッシュなコテコテの街」
という印象があって。すんごく楽しかった。
久しぶりに来たので、開場までの時間、通天閣の周りをぐるりと回ってみました。
観光客で賑わってる串カツ屋さんは、何と24時間営業で、朝から呑んでるお客さんがいっぱい!
そのすぐウラに入っていくと、大衆演劇の劇場や、邦画全盛期の作品専門の映画館があったり、
またそのウラに入っていくと、ストリップ劇場やロマンポルノ専門の映画館が、昔ながらの手描きの絵の大看板を出していて、
「ここって、昭和30年代そのままの風景を、地で行ってるよな・・・」
と、思いがけず「ALWAYS 三丁目の夕日」体験をしたり。
・・・いろんなファンキーさの同居に圧倒されて、軽い目眩に陥ったよ。

フェスティバルゲートも、学生時代に訪れました。
当時は出来たばっかりで、通路から階段にかけて、ジェットコースター待ちの行列がズラーーーッと!
・・・だったのですが、今回10:30頃通りかかった時は、人通りもまばらで、
よく見ると各フロアのテナントも、日曜日なのにシャッターが閉まってて、
何だか淋しかったなあ。

でも、その頃は気付かなかった、「大阪プロレス」の看板や、
今回の会場の、バー付きの小劇場「Art Theater dB」や、
その前のチラシコーナーに、たくさんの公演案内が入っているのを見ると、
「ここも、色んなアーティストやお客さん達で、活気付いてるんだなぁ」と、嬉しくなったり。
・・・そして、
この場所で、仲田さんたちが、記念すべき「大阪初公演」を打つのだと思うと、
何だか無性に感激したり。
しかも、開場を待つ地元のお客さん達の会話から、
「2004年の利賀演出家コンクールから、仲田さんに注目していました。
今回、大阪に来てくれるというので、『こりゃ行かなきゃ!』と思って。」
「僕は東京公演も見に行きましたよ。」
という声を聞き、
この日が来るのを待っていてくれた大阪のファンの方々の存在を、
ありがたく、そして心強く感じたり。
・・・この企画を立て、実行までこぎつけて下さった、
演出の断寝俊太郎さんはじめ舞台処女の皆様に、最大級の感謝!
お疲れ様でした!今回は本当に、どうもありがとうございました!


・・・長くなったので、レビューは次号に。
| 舞台 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://art-hikari.jugem.jp/trackback/30
トラックバック