SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
みんなのブログポータル JUGEM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
2005年3月発足!!
ありとあらゆる芸術活動を結びつけ、
こだわりと常識の打破を目指す!!!

空間アート協会ひかりメンバーブログ

<< 『遠つ海の物語』舞台公演 | main | アートひかり新規掲示板! >>
小川国夫さん日本芸術院会員就任祝う 静岡新聞より転載
小川国夫さん日本芸術院会員就任祝う 舞台公演も

日本芸術院会員就任の喜びを語る小川国夫さん=藤枝市若王子の蓮華寺池公園

 藤枝市在住の作家、小川国夫さん(78)の日本芸術院会員就任を祝う記念セレモニー(藤枝市、同市教育委員会主催)が11日、同市の蓮華寺池公園野外音楽堂で開かれた。
 藤枝生え抜きの人を指す「枝っ子」を称する小川さんは「枝っ子であることを大変誇りに思っている。藤枝市内のあらゆる所を歩いたが、多くの市民が温かく接してくれ、純粋に感謝している」と、郷土で続けてきた自らの活動を振り返った。
 同市の松野輝洋市長が「日ごろの文化活動に厚く感謝します。今後も、市民に数多くの感動を与えていただきたい」と小川さんの功績をたたえた後、市職員から小川さんに花束が手渡された。 
 セレモニー後、小川さんの作品「遠つ海の物語」の舞台公演も行われた。「遠つ海の物語」は、静岡新聞に昭和63年8月から平成元年7月にかけて掲載された遠江の民話・伝説をモチーフにした作品。平成元年に単行本化された。漁師の子・権太と人買いに買われたあみ姫との恋愛や、あみ姫を失った悲しみのあまり自ら命を絶ち「さがし鬼」となった乳母の弟・さと兄ごを通じ、若者の根源的な不安を描き出した。小雨が降る中、会場を埋めた観客は繊細かつ大胆な小川文学の世界に浸った。
 演出を手がけたのは、同市出身で新進女性演出家の仲田恭子さん。昨年11月にも同市の飽波神社境内で、小川作品「逸民」を舞台化して上演した。
 この日は「小川世界を彩った女達-告白のしらべ-」と題し、小川さんの数々の作品に登場する女性たちの印象的なセリフを音楽にのせたアトラクションも披露された。
 日本芸術院 美術、文芸、音楽など芸術上の功績が顕著な芸術家のために設置された国の栄誉機関。小川さんは2005年に会員に選ばれ、県内会員は3人目。小説・劇曲部門では、詩歌の大岡信さんに次いで2人目の栄誉となった。

静岡新聞より転載
静岡新聞社 http://www.shizuokaonline.com/
記事リンク http://www.shizuokaonline.com/cultuer/20061111215547.htm
| - | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://art-hikari.jugem.jp/trackback/39
トラックバック